介護内容

訪問介護

  • 訪問介護サービスでは、皆様の住み慣れたご自宅で安心して生活して頂くため、ホームヘルパーがご利用者様及びご家族様と互いに話し合いながら、日常生活のお手伝いをさせて頂くサービスです。
    各関係機関との連携も密であるため、他のサービス利用につきましても、スムーズに行えます。

  • 身体介護

    ご利用者のお身体に直接ふれるサービスを行います

    サービス内容
  • 生活援助

    ご利用者の身の回りのお世話をさせて頂きます

    サービス内容

障害者福祉

  • 居宅介護
    居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事
    並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。
     
    重度訪問介護
    重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、入浴、排せつ
    及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談
    及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。
     
    同行援護
    視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、
    当該障害者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排せつ
    及び食事等の介護その他の当該障害者等が外出する際に必要な援助を適切かつ効果的に行います。

介護予防訪問介護

  • 介護予防訪問介護とは
    介護保険制度改正前の訪問介護(ホームヘルプサービス)の介護予防バージョンと考えてください。
    介護保険制度改正後、要介護認定で「要支援1・要支援2」に判定された方は、改正前の介護サービスから、改正後に新設された介護予防サービスを受けることになりました。
    介護予防サービスは、「要介護」以上の方がうける介護サービスに比べ、「本人のできることは、できる限り本人が行う」ことを重きにおき、出来ないことを補うサービスではなく、できるようになる生活行為をイメージしながらそれらの生活行為ができるようになることを目指します。

    「身体介護」
    入浴、排泄、食事等の介護を行います。

    「生活援助」
    調理、洗濯、掃除、買い物など日常生活上の支援を行います。